税金情報&お知らせ

TAX & NEWS

2.税理士事務所の計算ミスや間違いが多い

人間完璧というのはあり得ません。誰だってミスはあります。

 

ただ、税理士のプロとして仕事をするのであれば、責任をもってやるべきでしょう。我々も人間なので間違いはあります。「絶対間違いはありません!」と言っている人は、私は信用できません(笑)

 

しかし税金の申告において間違いがあってはいけませんので、我々の事務所では以下の体制を取っています。

 

◆税務スタッフはすべて税理士(有資格者)が行う

 

一般の税理士事務所では、スタッフは税理士資格を持っておらず、まだ試験勉強中、または勉強さえもしていないというのが多数です。資格があるから大丈夫だとは思いませんが、税務の仕事をする上で最低限の知識は必要だと考えています。

 

みなさんだって、医師免許がない人に自分のカラダを診察してもらいたくありませんよね? マンガのブラック・ジャックではありませんからね(笑)

 

そうなると「税理士の資格」が最低条件となります。そのため当事務所では、スタッフに税理士(有資格者)を採用しています。資格を取得していれば最低限の知識があるため、相互でダブルチェックをしミスを減らすことができるからです。これが一人だと限界がありますからね。

 

また専門的な知識になると、外部の税理士と提携して業務を進めています。我々が得意でない案件があれば、そちらの税理士に委託することもあります。お医者さんの内科・外科・皮膚科・歯科・産婦人科などと同じように、税理士の中にも専門や得意分野というのがありますので。

 

次の理由に、税理士となればやはり責任もでてきます。人間弱いもので、自分が最後まで責任を持たないと考えると、仕事の質が落ちてしまいます。(私だけかも知れませんが・・・)

 

私も雇われていた受験生時代に「全力で仕事ができていたか?」と問われると、やはり試験勉強もあるため、そちらに気を取られた時期があります。できる人もいるかもしれませんが、やはり二足のわらじというのは大変です。

 

だから当事務所ではお客さんを対応するのは、税理士が全てさせて頂いております。

 

以上のように、ミスは100%無くせませんが、出来る限り事務所の体制と意識(責任)で無くすよう心がけています。