税金情報&お知らせ

TAX & NEWS

6.税理士が高圧的ですぐに怒られる

これもよく聞く話です。

当事務所のお客さまでもいらっしゃいました。先代から事業を引き継いだら、以前と態度が全く変わっていきなり高圧的になった・・・と。

 

我々の事務所では、特徴でも書いている通りコミュニケーションを大切にしています。税理士とコミュニケーション出来なければ、税務調査などで万が一があった時には、対応出来ませんからね。

 

また、顧問先の様々な話を聞くことで、節税をご提案できたりします。しかし、経営者の方から、「○○をやったよ(買ったよ)」など後から言われると、税務的なことで不利な判断をせざるを得ないことがあります。

 

だから事前に何をやりたい、やろうと思っているということは、毎月の面談の中で聞くようにしています。しかし、高圧的な税理士には話したくありませんよね(笑)

 

人間は、「自分のことを好きだと思ってもらっている」と感じていれば、その人には心を開くと言われています。当たり前の話ですよね。嫌いな人とはコミュニケーションを取りたくありませんから。

 

だからといって、言わなければいけないことは、キチンとお伝えしています。理由は、「お客さんのリスクヘッジ」というのも我々の大事な役割だと考えているからです。

 

何かが起きてから言っても、「なんで先に言ってくれなかったの!」ということになります。そんなことは避けたいからです。

 

一番信用してもらってると思っていたのに、全く信用してもらえてなかった・・・。という、片思いは寂しいですからね(笑)