税金情報&お知らせ

TAX & NEWS

10.税金の申告が期限ギリギリで、納税が不安である

我々の事務所では、顧問先ごとにマンスリーレポートという資料を提供しております。このレポートの中には、「納税カレンダー」というものがあります。この納税カレンダーは、これから先1年間どのような税金が、いつ、いくら発生するのかをお知らせする資料です

 

経営をしていれば税金のことは頭に入っていても、いつも考えているわけではありません。むしろ考えたくないでしょう(笑)そのため毎月の面談の際には、「いつに、こういった税金が、いくらくらい」発生します、というのを説明しています。

 

定期的な税金はこのようなカタチでお互い管理しています。また毎月伝えていても、経営者の方は忘れる方が多いです(笑)税金などの嫌なことは覚えておきたくないのでしょう。

 

そんな冗談は置いておいて、次は申告ギリギリの話です。

我々の事務所でも、絶対に申告がギリギリにならないとは言えません。それはお客さまのご協力無しには、申告が出来ないからです。そこはご理解ください。

 

そのため申告がギリギリになってもいいように、毎月の面談において、税金が申告時ににどれくらい発生するかをお伝えしています。期末の3ヶ月前くらいから、今期の損益ッ予測し、詳細な税金のシュミレーションをしています。

 

そのシュミレーションを元に、節税などの対策もご提案、検討、そして実行します。ここまでしておけば経営者の方も「やりきった感」がありますので、納税時点で不安・不満になることはありません(*^^*)

 

また万が一の場合は、納税のための資金繰りで、銀行との交渉も必要かもしれません。そのためにも、事前にこのような検討が必要なのです。

 

我々は問題を解決するのも得意ですが、その問題が発生しないよう事前に対策するのに重きを置いているからです。

 

このように、お客さんにはできるだけ納税の不安と不満がないように、事前の対策を取っています。しかし、払うのは誰しも嫌だと思いますが・・・。そこは会社のこれからの発展を考えれば必要なことなのです!!