税金情報&お知らせ

TAX & NEWS

【税理士の上手な使い方】売上や仕入れの取引で、今までと違う契約で取引があるとき

世の中には色々な会社やお客さんがいますので、「こういう取引にしてよ!」と言われる場合があるでしょう。

 

原則はこの取引だけど、今回だけ○○社だけ特別で違う取引をしますよ。ビジネスの現場では、よくあると思います。そういった場合は、一言顧問税理士に報告しておくと良いでしょう。

 

理由は、特定の人だけ変わった取引をしていると、税務調査のときにあらぬ疑いをかけられるからです。

 

だから事前にそういった取引がある場合には、顧問税理士に相談しておいて、税務的に問題が無いか確認しておくことをオススメします。

 

顧問税理士も全ての取引を把握するのは不可能ですので、経営者の方から『このような取引を始めようと思うけど大丈夫?』と、一声掛けて頂くだけでも全く違います。