税金情報&お知らせ

TAX & NEWS

5.税理士事務所の職員さんと話が合わない

それは当たり前です(笑)

だって職員さんは経営者ではなく、サラリーマンだからです。

 

職員さん中にも優秀な方はたくさんいらっしゃるでしょう。ただ、経営者が求めていらっしゃるのは、一緒に経営を分かる税理士を求めいらっしゃると思います。これは我々の感覚でありますが、それが我々のお客さんだと考えているからです。

 

あらゆるところのアンケートを見ても、中小企業の経営者で一番身近な外部の相談相手は、「税理士」が上位にランクインしています。これは、税理士冥利に尽きます\(^o^)/

 

しかし、それに対応出来るところは・・・。

 

我々も完璧ではありませんが、そういう意気込みで仕事をさせて頂いております。だからこそ、独立系の税理士(今後独立予定、税理士法人の社員など)や、経営を経験したことあるような税理士が求められていると思います。

 

大きな税理士法人であれば、この辺りはちょっと難しいでしょう。税理士として雇われていると、自分の資金繰りや経営で悩んだりすることは皆無だからです。また、自分で営業(売上をつくる)をすることも少ないと思います。雇われていた私がそうでしたので・・・。

 

だから税理士事務所の職員さんに、経営の話をしても仕方ありません。八百屋さんに、肉の事を聞いていると同じことです。我々は、経営が分かるような税理士でありたいと思っております。