税金情報&お知らせ

TAX & NEWS

非永住者は「居住形態等に関する確認書」を確定申告書に添付しましょう!


やました君

個人の確定申告時期ですね(*^^*)   そこで今回は、非永住者の確定申告について解説です。

 

外国国籍で、非永住者に該当する方は、「居住形態等に関する確認書」を確定申告書に添付する必要があります。

 

こちらの書類です。(平成30年分)

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/yoshiki/01/shinkokusho/pdf/h30/15.pdf

 

非永住者とは、以下の方をいいます。

◆現在日本に住んでいる

◆外国国籍

◆過去10年以内、日本に住んでいた期間が5年以下

 

こちらの記事に詳しく書いています。

日本に住んでいる外国人は、海外で得た所得を日本で申告する必要があるのか?! | 福岡の税理士|国際税務・海外進出をサポートする税理士事務所

 

上記の記事のように、外国国籍の方が日本に住むようになり、海外の所得があっても5年間は申告する必要がありません。

 

よって、そのようなことをしっかりと証明するためにも、「居住形態等に関する確認書」を提出しておきましょう。

提出しないからといって罰則は無いかと思いますが、後々問い合わせがあり説明するのも面倒ですからね。

 

また提出する際は、パスポートをコピーして一緒に提出すると良いでしょう。

 


やました君

しっかりご自身の「申告区分」がどれなのか確認しておきましょう(*^^*) 申告しなくて良いものを申告しても、税務署は何も言ってきませんので(笑)