税金情報&お知らせ

TAX & NEWS

三国間取引は消費税がかかるのか?

海外メーカーの日本の代理店など、海外から商品を仕入れて日本国内に販売する場合には、国内の売上になるので消費税がかかるのは理解できるでしょう。

 

それでは、海外から仕入れた商品を、日本国内に輸入せず、接別の国(海外)へ売却した場合は消費税は必要なのでしょうか?

 

三国間取引は消費税の対象となるのか?

 

<事例>

日本の会社(主人公)が、スペインの会社から機械を仕入れて、韓国の会社に販売した場合。

この場合、機械は日本に輸入されず、スペインから韓国へ直接機械が納品されています。

 

イメージはこちらです。

 

 

 

答えは「消費税はかかりません」です。

 

そもそも消費税とは、「日本国内で消費するもの」に課税されます。

そのため今回の事例のように、機械を海外から仕入れても、日本国内に届いておらず、直接別の海外のお客さんへ販売する場合には「国外売上」となり消費税はかかりません。

 

このような取引を三国間取引と言います(*^^*)

 

逆に、スペインから日本国内に輸入して、それを韓国へ輸出した場合には、輸入したときに「輸入消費税」を払い、輸出したときに「輸出売上」を計上します。そのため支払った輸入消費税は、消費税の計算で控除できます。

まあ払ったものが控除されるだけなので、上記の事例とほぼ変わりはありませんけどね(*^^*)

 

貿易の取引は消費税がややこしいので、いつもと違う取引の場合にはその都度確認しましょう!!

 

<注意>

こちらの記事は、中小企業の経営者や経理担当者に分かりやすく書いています。そのため細かな詳細は省いておりますので、ご不明なことは顧問税理士さんか税務署、または当事務所までご相談ください(*^^*)