税金情報&お知らせ

TAX & NEWS

売上・仕入の外貨建て会計処理はどのようにするのか?

今回は、『ドルやユーロの外貨で売上や仕入をした場合の会計処理』を見ていきましょう(^o^)/

 

売上・仕入の外貨建て会計処理の方法

 

1.具体的な事例で確認する

外貨で仕入をした場合

 

(例1)

3月21日 アメリカからドル建てで1万ドルの商品を仕入れ

※ドル 2月28日 TTM 110円

 

<計算>

110円×1万ドル=110万円

 

<仕訳>

仕入 110万円 / 買掛金 110万円

 

 

ここまでは簡単ですね!

使うのは為替レートは、こちらの記事でも書いているとおりです。

海外から商品を仕入れた(売った)場合の、為替レートはいつを使うのか?

 

外貨の支払をした場合

では、この買掛金を翌月の4月末に支払った場合はどのように処理するでしょうか?

 

 

(例2)

4月末に上記1万ドルを支払った。

※ドル 3月31日 TTM 115円

 

<計算>

115円×1万ドル=115万円

 

<仕訳>

買掛金 110万円 / 普通預金 115万円

為替差損 5万円

 

というような仕訳になります。やはり外貨の取引になると一手間かかり面倒ですね・・・。

 

支払い時だけ処理をする

以上のやり方が原則ですが、売上規模が小さければ、お金を払った時だけ処理をしているところも多いでしょう。

 

例えば(例1)の時に契約した時には取引は計上せず、例2の「お金を払ったとき」に以下の仕訳をするだけです。

 

(事例3)

4月末に上記1万ドルを支払った。

 

<仕訳>

仕入 115万円 / 普通預金 115万円

 

そうすれば、為替差損なども発生せず、シンプルな取引になります。損益も、前者は「仕入110万円+為替差損5万円=115万円」と変わりはありません。

 

ただこの取引だと、売上と仕入の計上時期に「ズレ」が生じますので、あまりオススメできません・・・。だからできるだけ、原則的なやり方をする方が良いでしょう。

 

2.為替差損益という科目を使う

ひとつアドバイスをするのであれば、「為替差益」と「為替差損」のふたつの科目を使って、毎回の取引のときに「今回は益かな?損かな?」と考えるのは面倒でしょう。

 

そこで新しい勘定科目を作っておくとかなり便利です(^-^) それは営業外収益で『為替差損益』という、ふたつを合体させたものを作っておけば、日々の取引ではこの科目を使えば良いのです。

 

万が一実際の取引で「為替差損」の残高になっても、試算表上では「為替差損益がマイナス残高」になっていますが、その場合は「差損」だなと理解すれば良いだけです。

 

ただ最終的に決算でマイナスになるのはまずいので、その時は営業外費用の「為替差損」へ振り替えればよいでしょう。ようは、為替差損益は「仮の勘定科目」ということですね(^_^)v

 

ただこれらの取引数の数が多くなると、残高の管理だけでもかなりの事務的負担があるでしょう。

 

そのため、外貨の売上や仕入れは個々で会計ソフトで管理せずに、Excelなどでまとめて計算して、会計ソフトでは「◯◯月分 外貨売上」と仕訳を登録するのが良いでしょう。そして、入金の管理もExcelでやり、差額をまとめて「為替差損益」で計上するやり方もあります。

 

会社で使っている「販売管理ソフト」などで入金処理時に、為替差額の処理ができるものがあるようなので、業種に合わせて検討する必要もあるでしょう。ただマイナーなソフト会社だったり、特殊な取引なのでソフトが高い可能性がありますので、あまりオススメできそうにありませんが・・・。

 

3.まとめ

外貨の仕訳は、国内取引と違って一手間かかるので、業務の効率化を常に意識して下さい。

 

自力でやろうとせずに、会計ソフト、Excel、販売管理ソフトなどを使い、顧問税理士と相談しながら随時見直しましょう。ついつい慣れて来ると、「これが当たり前」となってしまいますからね!

 

 

<注意>

こちらの記事は、中小企業の経営者や経理担当者に分かりやすく書いています。そのため細かな詳細は省いておりますので、ご不明なことは顧問税理士さんか税務署、または当事務所までご相談ください(*^^*)